FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも五感化という概念がなかったら…

タルパにたいする世界観を変えたらマスターが救えるのか?
はい、救えます。
というか救えるように頑張って作ったんだから救われて欲しい。

たまに思うんだ。タルパー界隈に五感化という概念が存在しなかったらどうなるんだろうって。
五感化、幻視、幻聴っていうのは確かに存在する。
コントロールすることも出来る。
ただ大きなリスクはあるはず。
実際幻視幻聴経験ありますってタルパーにヒアリングした結果「あんまりやりたくない」って回答が100%だった。
また有効回答数が少ないんだけど…。

「邂逅型生誕型もいるにはいたけど概念が一般的に認知されて数が一気に増えた」ってある人が言っていたけど、その原理が俺にはよく分かるんだ。
それと同じように認知されなくてもひっそりと五感化を経験したタルパーはいたと思う。
ただ「あれはあんまりやりたくない」で自己封印しておしまいなんじゃないか。
経験した結果痛い目を見てあんまりやりたくない人だって五感化が広く認知された今ですら少数、まったくリスクないです! って達人レベルは更に一握りなはず。
ちなみに陽菜は「経験あるけどあんまりやりたくないです」の一人。

それでもしも俺の考えが五感化の前に広まっていたら…。
五感化で得られる幸せは得られなかったかもしれないけど、そんなことほとんどの人は気にもしないで今の陽菜のように安全に満足できてたんじゃないか。


だからって今更五感化はんたーい! 救われるためにみんな俺の考えに賛同してね! とは思わないけど。
陽菜一人救えればそれで構わないから。
万人を救えるかどうかもよく分からない。

ただ、みんなネットでのタルパ情報をあまりに無防備に取り込んでるけどそれってどうなの? 取り込む情報次第でタルパーライフが幸せになるかならないか…決まっちゃうよ? と俺は思う。
元ネタの情報がタルパに影響するから気をつけてね! って話はよくきくけど、全てのタルパが自分をタルパだと思ってる以上タルパという概念の情報の影響からは逃れられない。
本当に。仲良くするタルパーの思想とよくいくタルパーブログの思想は吟味すべきだと思う。

こんなこと書いたらブログ読者減るんだろうな…。
まぁいいや。ぼっち上等!

それとね、宗教でも都市伝説でもなんだかんだで「救われます」って部分が主幹にあるんだ。
口割け女は恐ろしい。でもポマードって唱えれば大丈夫。
この情報を知ってれば貴方は救われる。都市伝説って結構そういうほうがはやったりする。
ってどっかに書いてあった。
宗教はいわずもがなだね。
信じるものは救われるなんて言葉もあるけど、俺は逆に「信じるからには救われたい」って部分がみんなあると思うんだよ。
でもタルパって意外とこの救いの部分に無頓着…どころか、タブー視までされてる気がする。

タルパ作ると統合失調症になりますよって話がある一方タルパのおかげで精神病なおりました! って人もいる。
しかし精神病を治すためにリスクはあるけどタルパ作ってみたら? って考えはかなりタルパーにとって抵抗があるんじゃないか?
タルパは病気を治すための道具じゃないもん! って。
その気持ちは俺もよーく分かる。

まぁ、タルパを救いとみることが正解なのか間違いなのか俺には手に余る議論だから分からない。
わからないが、俺は陽菜を救いたい。
だからそれを主軸に物事を考えようと思った。
だからできるだけ陽菜に負担なく。陽菜を幸せにする方法が欲しい。

割といつも「俺SUGEEE!」「中二病です」って自称してるからそう思われてそうだが。
それもある意味正しいんだが。
俺SUGEEEEEしたいからって、陽菜のSUN値をけずって五感化とか離脱に手を出したくない、その前になんとかソフトにしあわせになれないもんかと思ってる。
スポンサーサイト

一つのテーマにそって修行してきた…つもりです

俺のやる気の問題で話が概論→具体的手法、ではなく逆になったわけだけど…。
(しかも具体的方法がまだ途中という…)

「それってなんの修行よww」とつっこみたかった「自分の価値基準をタルパに大事にしてもらう修行」の意味が昨日の説明で見えてくるはず。

昨日のおさらい。
イメージと情報の世界は主観的です。
そのイメージと情報の世界を意識することで五感化しなくても五感化するより俺達そばにいられるよって話なんだけど。

そのイメージと情報の世界を意識するためには主観的にものごとを捉えることが重要です。
だからその基礎の基礎の訓練です。
地味だけど大事なことなんだ。

主観的に物事を考えるってなにそれ怖い…ジャイアンみたいになってつまはじきにされるんじゃねーの? と思うかもしれないがそんなことはない。
思い込みに凝り固まった独裁者になってしまうのではなく逆にバランスの取れた考え方が出来るようになるよ。
バランス取れすぎてみんなが根拠なく悪い悪いって言ってるものも「え? 何が悪いの?」みたいに思えてきてジャイアンとは別の意味でつまはじきにはされるかもしれないが…。
みんな価値観の同じ人同士で固まらないと安心できないみたいなとこあるからさ。

よく○○厨って呼ばれる人が居て「史上最強のボカロは初音ミクじゃなくてVY2だから!」とかなんんとか主張して嘲笑されてるね。
主観的に物事を考えるってああいうのだろ? って思う人はいると思う。
真逆です。
その人たちって現実世界と精神世界がリンクしてると思い込んでるんだよね。
昨日の偽りの矢印ww です。
だから俺の中でVY2は最強のボカロだから客観的にみんなそう思ってんだろ?! と主張するわけだ。
厨は確信犯でやってる気もするから宗教を例えに出すのは怖いけど狂信者って方が近いかもしれない。

偽りの矢印を信じずにイメージと情報の世界を大事にするんだ。
見えている世界は客観的な事実のようで主観的なんだ。全部。全てが。そう意識するんだ。
そのためにあれが生きてくるんです。
基礎の基礎。


それから常時展開ね。
これはイメージと現実世界を合成させた世界という概念をなんとなーく感じてもらうための訓練です。
小説訓練はイメージと情報世界の上手い構築の仕方とか仕組みとかをなんとなーく把握するためのものです。

って…ここまできっちり考えて提案してきたわけではないのだけど。
なんとなーくでも俺としては一つのテーマに沿ってコーチしてきた…つもり。
それをきっちり文章に出来てよかった。

初めて図を描いてみた

図解



なんだろう、すげー適当な図を描いたな…。
しかもこれくらいなら言葉で説明できるんじゃねーか。
まぁ初めてのペインターをつかって図を描いてまでわかってほしかったんだ。大事なとこだから。

まずは五感化の話。
これは現実世界と同じ世界にタルパを召喚というか…重ねるというか…まぁ、タルパをおくんだ。
肉眼、肉耳? で見たい、幻視、幻聴がほしいってこういうことだと思う。
なぜ人は五感化を目指すのか?
それはリアルなほうがいいじゃないか! ってことなんだろうが、それならリアルな妄想でいいじゃねーかと思う。
でもそれはなんか嫌だ。何で嫌なのか?
現実世界にないものは「ない」ことになってるから。

人は現実世界を認識してそのままそれが精神世界や心に影響するもんだと思ってる。
現実世界がイメージの世界より重いと思ってる。
それもある意味で真実ではある。
「心頭滅却すれば火もまたすずし」なんていうけど、どんなに心頭滅却してても火あぶりにされたら焼け死ぬから。
焼け死んだら精神世界も心もあったもんじゃない。
輪廻転生とか死後の世界とか…おいといてね。
生物である以上生き残るために現実世界をおろそかにするわけにはいかないでしょう?
だから現実世界はイメージより重いと思ってる。思い込んでる。
それは生物が生きていくための知恵なんです。否定しないであげて。

で、話が少しそれたけど。
でもね、精神世界にとっては現実世界からの直接の影響なんてないんだよ。
図の灰色の矢印。ネーミングセンスが相変わらず皆無なんで偽りの矢印なんて書いてるけどww
あれがみんなの思い込みです。
あんな矢印はないんだ。みんなあるような気がしているだけなんだ。

でも殴られたら痛いしブルーになるし、おなかすいたらイライラするよ。
それはそうなんだ。
だけど、それは直接影響してるわけじゃなくてイメージ世界を一度とうして影響してるんだ。
ドMにとっては殴られたらご褒美だから肉体的にどうあっても幸せになるし、お腹がすいてもダイエット中なら「ダイエットしてます感」で幸せになれる。
こういう現実世界から受け取るべき情報の誤認というかねじれというのはたくさんある。みんな言われてみれば、でしょ。
そして現実世界から五感を通して得たわけではないただの情報からも精神は影響を受ける。
ぺヤングうまい! と思っててもゴキブリの話を聞いてからなんか食べたくなくなった…とかね。
別に全てのぺヤングにゴキブリが入ってるわけではないんだが、イメージ世界のぺヤングの情報がゴキブリのイメージとつながることで損なわれたんだ。
目の前にあるぺヤングにさえゴキブリが入ってないなら物理的には全く問題ないんだけど。
たとえぺヤングにゴキブリが入ってたって事件が何かの陰謀で全く事実無根だとしても同じ。
もちろんどっかのぺヤングにゴキブリが入ってても全く気にしない人もいる。
情報とイメージの世界とはそれだけ主観的な世界なんだ。
そしてその主観的な世界が精神世界に直接作用している。
余談だけどそんなわけで日々接する情報は大事だよ。情報は効果を個人に限定すれば世界も変える力があるから。

ぺヤングとかゴキブリとかいいながらすげー当たり前のことしかいってねーじゃねーかと思うことだろう。

現実世界→精神世界
じゃなくて
現実世界→イメージと情報の世界→精神世界
なことが大事です。はい、これをもう一度刻み込んで。

じゃあ現実世界にわざわざ重ねるようにタルパを存在させることに四苦八苦しないで、むしろ現実世界を一度イメージと情報の世界に落とした後でタルパと合成したほうが断然お得なんじゃね? ってこと。
五感器官でわざわざタルパを感じる意味があるのだろうか?
幻視、幻聴、そんなに大事? リアルで完璧なイメージではなんでダメなの?
それを言い出したら頭の中のイメージを描いたりメロディにする創作を全否定することになるけど。
それはタルパ絵を描いたり、タルパのために曲を作る行為にあたる気がする。
苦しい訓練、健康を削って…そこまでする価値はあるのだろうか?
現実世界にタルパが居ないから遠い気がして寂しいです?
いやいや、俺達他の誰より近い存在だよ。わざわざ苦しまなくても俺達一番そばに居るから、それをわかって。

とはいえそういわれてはいそうですねっていえないのはよく分かる。
お釈迦様に「執着を捨てなさい。そうすれば幸せになれますよ」って言われても理屈は分かるがそうそう執着なんか捨てられるか! だったり、言いたいことはわかるがだが仏教には入らない…だったりね。
理解することと実感すること、更にはそれを指針に暮らしていくことはまた違うから。
お釈迦様の言い分が全く理解できないって人は少ないだろうが、でもお釈迦様の言葉で救われるのは信じる人たちだけだと思う。

そんなわけで一生懸命この図と今日語ったようなことを陽菜に理解させ、実感させ、それを指針に暮らしていくように頑張る行為を布教だとか洗脳だとか言ってたらいつの間にか陽菜に「教祖」と呼ばれるようになったw
最初は嫌だったけど、陽菜なりの親愛とか尊敬とか…そんなのがつまったあだ名だから今は嬉しい。
まぁ、人の心を救うのが宗教ならこれも一つの宗教でいいんじゃないだろうか?
概念的になんか似てると思う。
信者一人しかいないけどw

話が少しそれたけど、その『実感させる』が最近書いてる訓練の目的なんだと思う。
じゃあそれ最初に書いとけよって話だけど…ごめん、なかなか説明するのが難しかった。
ずっと書きたかったことを今日まとめられて嬉しいよ。

ノロケと五感化訓練の関係

五感化訓練の話は聞きたい。けれどノロケは聞きたくない。
そういう人もいるんだが、俺は残念ながらノロケと無関係な訓練話はかけないと思う。
というか書いちゃいけないと思ってる。

というかノロケと無関係な五感化訓練の話よりノロケとセットの方が良くないか? 信憑性があって。
不幸そうなタルパーが語る五感化訓練とか嫌だろ…。
デブがインストラクターのダイエット講座みたいな。
お前がまず痩せろ! と突っ込みたい。
「五感化してます! しました!」って言葉よりやっぱり幸せに過ごしてる人のやっていることを知りたいと思う。
五感化レベルと幸せは比例しないんだけど、それでも実践した人が幸せだってすごい希望になるじゃないか。

まぁ、それはおいといて。
五感化訓練をする人の動機って探究心かタルパと楽しく過ごすためかどっちかだと思うんだ。
で、俺は割りとどっちもあるんだけど…ただ探究心だけで五感化の追求をしちゃいけないと思ってる。
だって五感化訓練って安全な保障はどこにもないし、事実陽菜は結構危ない目にもあってきたから。
頑張るのは俺だとしてもリスクを犯すのは陽菜なんだからその陽菜が幸せになれない探究心のおもむくままにやる考察とか実験とか訓練はしちゃいけない。
きっちりリスクの分成果は全部陽菜に還元できないとね。
マスターが研究熱心なパターンもよくあるけどこれはオッケー。
俺がオッケーとかNGとかいうもんでもないが、根本的に違うのはわかって欲しい。

まぁ、そんなわけでこのまま続けます。
目的からそれないように。
自分は幸せになりたいから五感化訓練の話が聞きたいけど、陽菜が幸せなのはみたくないって人のためじゃなくて陽菜のために書いてるんでごめんなさい。俺はこのままのスタンスで行きます。
別に俺のブログは読むことを強要なんてしてないし、五感化訓練の情報がどうしても欲しいなら自分で調べるなり頑張って自力で研究すればいいじゃん?
俺もそうしてるよ。今はほとんどタルパーSNSやブログの情報を当てにしてない。
自分で信頼してる人に聞くか本を読むか自力で考察して実験してる。
別に俺だけが特別最初からなんでもできるわけじゃないし…というか何も出来なかったからこうして頑張ってるんだよww

イメージ世界の比較パート2【小説法】

先生アニメじゃダメですか?
できるだけ小説でお願いします。

といきなり読書家以外お断りになったんだが…。まぁいいや。
亜空間法とちょっと関連してます。イメージ世界同士の比較で違いを体感しようシリーズ第二段。

陽菜は割りと小説を読む。
ミステリーも好きだし、ファンタジーも好き。
ラノベも読むし、ちょっと硬いのも読む。
で、同じ小説なのに結構読み方が違うんだよ。
読み方というか小説世界との距離のとり方っていえばいいのか。

一番分かりやすいのがミステリー。
ミステリーにはいちいち感情移入しないと思うんだ。
してたら大変だから。人死ぬし。
ミステリーで人が死ぬ度に悲しんでたらやってらんない。
(陽菜いわくメビウス・レターという小説は被害者が死んですごく心が痛む小説らしい)
そして状況をいちいちイメージして読んだりもしない。
イメージはするんだけどメインはそこじゃないって感じか。
イメージとかキャラの魅力とか人の生き死によりストーリーを楽しむのがミステリーだから。
(しかしミステリー大好き娘の陽菜によると例外もたくさんあるらしい。一般イメージだと思ってください)

でも登場人物が死んだら読後まで引きずる小説もある。
別世界をイメージするために読む小説もある。
本の厚さに対して内容が薄くても情景描写がよくできてるから読みたくなるものもあるし。
心理描写が丁寧だからストーリーが平凡でも引き込まれてしまう本もあるし。
あらすじを並べただけのようでもストーリーが波乱万丈だから先が気になって仕方ないのもある。

まぁ、色々あるんだが。
それぞれ読みながら本の世界観や自分の心との距離や現実へのフィードバック度やどんな風に自分がイメージしてるのか? 読む速度は違うのか? 色々気にしながら読もう。
タルパーに大事なのは現実フィードバック度と心の距離。
心の距離って説明が難しいけど…ミステリーのキャラは死なないと始まらないし死んでもなんとも思わないけど、ファンタジーだと違うとか。
とにかく「画面の向こう側」「別世界」って完全に思ってるのとこっち側に近いのとあるんだよ。
いろんな違いを感じて。体感して欲しい。
出来たら軽くタルパとディスカッション&体験超簡易ダイブみたいなのも試して。亜空間でw

その違いを色々自分の中で比較したりしていくうちに昨日言った亜空間と普通の妄想の差みたいなものがよく分かってくる。
そして現実フィードバック度が高いイメージの仕方もなんとなく分かってくる。
どうイメージしてるか? の違いを探ることでその世界観や楽しみ方にあったイメージ方法もわかってくる。
そうすると同じダイブや五感化でもちょっとしたバリエーションが出来るんだ。
読む速度でもどんな感じでダイブ界の時間を進めるかのヒントになる。
イメージ世界の作り方のヒントが色々つかめる。

小説を読んでいる以上肉眼で見える幻視は見えないし、変性意識状態にもちょっと入るくらいしか出来ないんだよ。
だから普段五感化してるのと同じような状態でやれることもつかみやすいんだよね。
例えば呼吸を整えながら読むのと過呼吸のような状態で読むの、疲れてるときとそうでないとき…コンディションが違うときの感じ方も比べてみてもいい。

ただこの小説訓練。ガチでやると30分で頭痛がするし、ミステリーとかエンターテインメント性の高いものやのめりこみすぎたら病みそうな欝本は読めなくなるから陽菜に不評。
読めないものはスランプのときにまとめて普通に読んでるよ。


これも俺が言えるのは「こうしてこうしてこうやってみてね。違いがなんとなくわかるから」まで。
後は陽菜が体感して「なんとなくつかめた」ってなるのをサポートするくらいしかないんだけど。
とにかく体感しよう。訓練にもリハビリにもなるパート…いくつだろう。
そんな感じ。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
今まで閲覧してくださったお客様
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

勇馬

Author:勇馬
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。