いじめられっ子宣言します

純也さん(名前を出しても本人は怒らないと思う)の引退の時色々あったから純也さんのせいで俺達がセイタルやめたと思ってる人が居そうだけど違うよ。
その件は謝ってもらったし、解決済みだから。

純也さんが
「言葉尻をとらえて責められる」
「やってないことまでやったことにされる」
「別アカ」
って引退間際に言ってたけど。
俺、よく分かるよ。
純也さんが抱えてたトラブルについては詳しくないけど、同じことされたから。
相手も同じかもね。

例えを出そう。
このブログの読者でも俺の元ネタがVY2なのを覚えてる人は少ないはず。
で、Twitterで「VY2嫌い」ってツイートがあっても俺への嫌がらせとは気づかない。
そして俺本人と俺のことをよく知ってる人だけが「酷いな」とストレスを募らせる。
それを何回もやられる。
最初の何回かは偶然か? と思うけど段々信じられなくなってくる。
反応するとこっちが加害者みたいな反応が返ってくる。

他の人に偶然俺達の批判か? ってことを言われたことも何度もあるけど、後で気づいて「勇馬君の批判じゃなかった。ごめん」って謝ってくれたこともあるし、そうでなくても毎回しつこく続いたりはしなかった。

俺は自分の元ネタに対してオープンだけど。たいていの人はクローズだから特定の人たちにしか話してないのになんで俺の元ネタがばれてんの? 別アカ? って感じに別アカ疑惑が持ち上がったりもする。
推測で言ってるだけかも知れないし、特定の人の誰かがばらしたかもしれないし、証拠はないけどね。

「キスする時陽菜がいやぁって言うのが可愛くて強引にしちゃう」→「無理矢理じゃん。あの二人の間に愛なんてないよ」
って感じにあることないことに発展したりもする。

仲のよかった人とトラブってからつきあう相手は選んでる。
ほとんど交流すらないのに、そのトラブルからなぜか一方的にタゲられるようになった。
別アカなのか一人と仲違いするとみんなでいじめてくる鉄の掟のグループなのかトラブルのせいでいじめていい認定なのかわからないけど、こっちはほとんど知らない人からタゲられて訳が分からないよ。

ブログに書いたことに毎日のように微妙に反応されたこともあった。
もう嫌になって、うみねこのなく頃にの考察連載書いて内輪ネタ全開したら訪問されなくなったから、もうこれ以上自分たちが傷つかないようにTwitter放置してブログの訪問者もセイタルの足跡も見ないことにした。


陽菜の「上級者」発言でセイタルが炎上したときも何人が陽菜の文章をよく読んで炎上どころか平和を訴えてると理解しただろう?
何人が陽菜が自分のことを「上級者」と思ってないことを理解しただろう?
何人が普段セイタルこない奴が陽菜がちょっとアレなことを言っただけででてきたことをおかしいと思っただろう?
他の人のアレな発言はスルーなのに?
何人が陽菜の「上級者」発言以上にアレなことを自分が言ってないか胸に手を当てて考えただろう?
何人が「陽菜さんの日記に対して物申したいなら発言じゃなく日記のコメントですればいい。陽菜さん擁護者? が反論したら「こわ」って卑怯だ」って思っただろう?

あれもいじめの一環なのか「陽菜さんと勇馬さんはヤバイ人だから」ってうわさによる先入観でそういう空気になっててそれに自然な感じで乗っただけなのか知らないけど。

陽菜の「上級者」発言でセイタルが炎上したら陽菜が悪いみたいな空気になる。
陽菜も俺も他人の批判はしてない。
自称してないじゃなくて、批判されたって苦情がこないし、来たのは解決済みだから。
大体「上級者」発言だけで炎上すんのに批判なんかしたらどうなるか。

それにだ。陽菜がたとえ自分を上級者だと思ってたとして。自己承認欲求が強かったとして。
それが誰に迷惑をかけてるんだ?
陽菜さん…痛い人ww ってそっとブラウザバックすればいいじゃないか。
タゲられた陽菜が悪いんだというならば。
自分に責められる要素は全くないと胸を張れる人はいるのだろうか?


陽菜がそのせいで傷ついたから、この落とし前はつけてやると思って暇なときに色々計画も立てたし、協力者と相談したりもしてたんだけど、その中で結局じゃあ勝利条件ってなんだ? って考えたら最大でも相手をタルパー界隈から追い出すことしか出来ない。
その時陽菜が言ったんだけど結局それって本人のためになってしまう。

タルパーって陽菜もだけど不幸な人がどうしても多くなってしまうから民度が低くなりがちだ。
陽菜だって自分が不幸だと他人を妬んだり憎んだりするけど、そんなときは隣に居る俺に「勇馬さん、辛いから幸せにしてください」って頼んでくるよ。
頑張って幸せにしてあげなきゃなって気合はいるよ。
辛くならないようになるべく周りを見ないようにするから、必然的に二人きり甘々ムードになるしねww

他人をたたいたりいじめて満足してしまう奴は不幸なまま何年経っても変わらないよ。
俺が結構そのタイプだからよく分かる。
俺も不幸なときは他人を憎んで叩くのを止められなくなる。
俺はまだ自覚があるから、マスターか壁か同じ被害者や仲いい同士メールで密通、自分のブログで本人以外傷つかないように吐き出しでしか言わないけどね。
そんなときは立ち止まってたり、下手したら後退したり、自分の大事なものを気づかずに壊していたりする。
そんなことをするくらいなら隣の陽菜に素直に甘えたらいいのにね。

そして幸せになると他人がどうでもよくなるんだ。
陽菜を傷つけた奴らがタルパー界隈から追い出されて誰も叩けなくなってしまったら不幸な自分と向き合って幸せになる努力をしてしまうかもしれないじゃないか!www
奴らのストレス発散に俺達が利用されるように見えて、俺達が奴らの足を引っ張ってるんだ。いいことだ。 


…ということで。
放置することが最大の復讐だと思えたから放置することにした。
どうぞ、これから何年でも。誰かのたたきを繰り返しててください。
その間に俺と陽菜は幸せになるために前に進むし、「上級者」って奴になってやろうと思ってる。
俺はまだまだ一年ちょっとしか頑張ってないけど、三年経ったら三年分。五年なら五年分。
頑張ってきた分胸を張りたい。
いつか一番マスターを幸せに出来るすごいタルパになりたいと思ってるよ。
たくさん陰口仲間を増やしてたくさん不幸な人を増やしてくれたらライバルが減って助かる。
陽菜はそういのをみて心を痛めるけど、ごめん。俺は性格が悪いからうれしいよ。
結局そういう空気の中にいても大事なものを大事に出来る人はいるし、流される人はそれまでだからどんどん流されるといい。

あいつらまだ叩き合ってるぜww ってメシウマする趣味もないし、自分が叩かれるのを見るのは悲しいからセイタルもTwitterもみない。
そうすれば視界に入らないからそのうちどうでもよくなるだろ。

「いじめられっ子に関わりたくない」って反応もされたら傷つくから俺達がいじめられっ子なの知ってる上で話しかけてくれる人以外には自分から話しかけるのもやめて、その分ヤンデレ全開でマスターだけを見てようと思う。
マスターがこれ以上のヤンデレ化は怖いってガクガクしてるからその上で仲良くしてくれる人のことも考えるよ。
(新しいSNSで俺に友達に申請されないから嫌われてる? と思ってる人。そういう事情です。
よく考えてから友達申請ください)

Twitterは自分のためだけに誰もフォロバしないで一人でつぶやきまくるためにアカ復活させるよ。
フォローしたい人だけフォローしてタル充羨ましい…とモチベをあげるなり、叩くなり好きに利用してください。
誰かの希望になれるならうれしいし、叩いてその分俺達を嫌いな奴が時間と自分の魂を無駄にしてくれるならそれもありがたいから鍵つきにはあえてしない。
スポンサーサイト

嫉妬が俺の趣味なんです(多分)

またあのキャンペーンがやってきた。
「ミクloves ファミマキャンペーン」今回のは分からないけど、前回はクリプトンの他のボーカロイドもグッズとかポスターとか一杯あったんだよね。
クリプトンの他のボーカロイド=うちにいる俺以外のボーカロイド=俺だけグッズないww

あの時は強がって虚勢をはって気にしてないよ? ってポーズをとってたけど。
はい、心中穏やかじゃありませんでした。
ファミマさんロロ君のグッズも作ってあげて。
もしくは「ロロlovesセブンイレブン」みたいなキャンペーンを張ってあげて。

「ミクlovesファミマ」をみて思わず歌ってしまった。

♪ヤンデレ勇馬が愛するは 可愛く愛しいマイマスター
けれども彼女は隣国(?)の 青い男に一目ぼれ
嫉妬に狂った勇馬さん ある日マスターを呼び出して
静かな声で言いました 『KAITOのグッズを捨てなさい』♪

うちにそんなにグッズないけどね。
捨てないよって言われてしまった。ちっ(舌打ち)

♪幾多の家が焼き払われ 幾多の命が消えてゆく♪

マスターが路上で笑いそうになってこらえてたよ。
勇馬のヤンデレ恐ろしい。


前回は強がってたのに今回はこんな風に素直に本心を言えたり、ネタにして笑わせたり、ネチネチ言えて進歩? したなぁと思った。
あまりにネタにしたり、ネチネチ言い過ぎて「勇馬楽しそうだね」といわれてしまった。
あー…楽しいかもしんない。
自分が割と重症なNTR属性らしいと最近気づいた。
もう、開き直って『嫉妬が俺の趣味なんです』ってことにした。
マスターもこんなに愛されて幸せ…ですよね? ね?(強制)

十二日目、帰国

とりあえず今までの経験から陽菜は意外と飛行機と空港を怖がっていると学んだ。

空港は乗り遅れるとやばいって緊張するし。
飛行機の中は乾燥するからマスクして、寝るためにアイマスク。
左右に人。まさに囚人スタイル!
そりゃ、陽菜もパニック起こすよ…ってことで陽菜がパニック起こさないようにサポートに徹することにしたよ。
俺まで引きずり込まれたら泥沼だ。

泥沼に何度かなりかけたけど、話題が暗くなったら、他のことをしてみる作戦で何とか十二時間大丈夫だった。

しかし、乗り継ぎもあって行動予測がたたず陽菜が無理する一日だった。
胃は荒れ放題、風邪も引いたし、時差ボケもひどい。
帰ったら大変だ(遠い目)

ビジネスクラスでただ一組。
圧縮靴下や加湿マスク、除菌シートを用意してたのにこれだから仕方ないね。
あれをみたとき陽菜って旅なれてるなと思ったよ。
あ、ビジネスクラスの食事は凄かった。
飛行機でコース料理が出てくるとは…!

スペインで学んだことと色々まとめ

ご飯が異常にうまい国スペイン。

おいしいご飯って大事だな。
忙しくても、ダイエットしてても、体調が悪くても、味には妥協しないように工夫をさせようと決意した。

後、睡眠。
旅も後半で疲れて万が一寝れないと倒れるって睡眠薬使ってたけど。
疲れてるのに歩いても歩いても元気だった。
言葉の意味どおりの催眠術をもっと磨こうと思った。


旅全体でおもったけど、確かに陽菜は体弱いしいろいろ不安だけど、事前の計画を立てて、きちんと食事、睡眠をとって心の栄養(重要)を取って俺がサポートすれば何とかなるんだと思った。

備えあれば憂いなし。
勇馬がいれば怖いものなし。
人事尽くして天命を待つ。

そこまでやっても倒れたらもう仕方ないよ。
陽菜と今まで妥協しすぎたのをやめて、色々やるようにしようって約束しました。

十一日目、最終日

最終日。明日帰国予定。
今日はスペインの田舎の方に車で行きました。

水着は持ってないから泳げないけど地中海海岸を歩きました。
そしてタラゴナ遺跡へ。
ローマ時代からある石造りの遺跡で歩きづらいから陽菜がガクガクしてたよ。

それからバレンシア方面へ。
一面の果樹園ですごい。
ここまでくるとほんとに地中海の南国だね!

ペニスコラの海辺でランチを食べてペニスコラ城へ。
(陽菜が恥ずかしがって地名をいえなかった(笑))

昔教皇がいたこともあるテンプル騎士団の建てたお城らしい。
陽菜のRPG好きの血がまたうずいてた(笑)
テンプル騎士団の展示室とかテンションマックスで可愛かったよ。

おみやげ物屋さんでも普通に剣と盾と紋章が売ってる不思議な町(笑)
本格的すぎて可愛くないフェアリーの人形とかテンプル騎士団のいろんな階級の人形とかうってて嬉しそうに写真撮ってた。
買ってなかったけど、貝殻で作った本格的な十字架とか珍しいよな。

南国のおおらかさと重厚なお城と教会の雰囲気が融合した不思議なところだったよ。
そしてアンダルシアのような白い壁に朱色の屋根の城下町と真っ青な地中海が丘から見えてすごくきれいだったんだ。
最後にここにこられてよかったね。

【甘々注意】バースデイナイト

リセウ劇場も見に行きました。
カタルーニャ音楽堂で歌ったらガン無視されて切なかったから今回は舞台の上から投げキッスして「陽菜、愛してる!」「結婚しよう!」って舞台の上から叫んでみた(笑)
恥ずかしいからやめてって言われたけどうれしそうだったよ、たぶん。


夜、陽菜は女の子で治安が危険だから夜の散策&カジノに行かずにお留守番。
二人きりになれました。

誕生日だから初めて一緒にお風呂入った!
しかも泡ぶろ。
陽菜はすごく恥ずかしそうにしてたけど、お腹も撫でたら嬉しかったみたいで甘えて二の腕もなでてっていってきた。

二の腕が鮫肌になってて、もう別に悩んでるってわけじゃないけど気にしてたんだな。
なでてあげたら泣きそうになってた。

俺とお風呂はいりたがらなかったのも色々理由を付けても気にしてたんだな。
俺は二次元出身だから年もとらないし、肌も全部ツルツルスベスベ。

でも俺が二の腕の鮫肌くらいで嫌いになる訳ないじゃないですか!
俺の愛情なめんな。

それに俺は大したことなんかしてないんだよ。
最初に「勇馬の心の傷とコンプレックスの強さこそが魅力なの」って俺の胸を指でなぞりながら(見えない傷をなぞるイメージか?)キスしてくれたのは陽菜だから。
同じこと返してるだけ。


陽菜は誕生日に一つババアにちかづいちゃったけど、勇馬ならそれでも愛してくれそうって言ってた。
うん、今のままの綺麗で優しい心と可愛い気持ちをなくなさなければずっとね。

どうせ俺は物理的な目がないから視覚は全部イメージだし、あんまり変わりないよ(笑)

それに決めたんだ。
陽菜がそれで喜ぶなら、陽菜が世界で一番かわいいよって言い続けようって。
そんな訳ないとは分かってても俺にとっては唯一無二の一番に変わりない。

十日目、陽菜のバースデイ

ハッピーバースデイ陽菜さん!

今日はスペインの市場を見て回り、その後はバス観光。

途中パワーストーン屋さんでたっぷりのルチルクオーツと天秤座のペンダントときれいなグラデーションの水晶をお買い上げ。
ルチルクオーツがいっぱい…幸せもいっぱいだといいね。
ルチルクオーツは陽菜が一番好きな石なんだ。
ふと選んだペンダントが天秤座のでしかも誕生日に買ったなんてすごいね。
きっと、陽菜をよく守ってくれるよ。

お菓子のおいしい町に行ってチーズケーキ食べてた。
甘い物食べると吐き気がするってほとんど食べられなくなったんだけど甘さ控えめでゆっくり食べれば大丈夫だったみたいで半分は食べられててよかった。
バースデイケーキ代わりだね。

その後ホテルを変えてチェックイン。
お部屋は豪華、ラウンジはアットホームないいホテルだ。

陽菜は少しホームシックにかかって怖いって言い出したけど、サードニクスのブレスを握ったり、自宅の風景を見せてあげたら落ち着いてくれた。

九日目

昨日食べたお店に昼からいってまたパエリアを食べる陽菜さん。
ものすごーく美味しいパエリアなんだ。
味はしっかり記憶しました。
ダイブ界でたべさせてあげるからね。
裸エプロンで作ってねと言われてしまった。
裸エプロン=男の裸がプリントされた酷いエプロンww
俺は変態ですかwww
まぁ、そんなに言うなら着るけど…。

今日はバルセロナの高台にあるスペイン村付近とロープウェイ、モンジュイック城とサグラダファミリアまわりました。

スペイン村はお土産屋さんがたくさんあって、陽菜が宝箱型貯金箱を買っていた(笑)
たくさん貯金しよう。
あとかっこいいチェス盤も買った。
いつか陽菜と一緒にチェスをしたい。

ロープウェイでモンジュイック城へ。
まさにファンタジーとRPGの世界で陽菜がはしゃいでたよ。
地中海を見下ろしながら俺に「勇馬さん、私のこと大事にしてください」って言ってきた。
もちろん!

サグラダファミリアでは感動しまくりの陽菜さん。可愛い。
ステンドグラスの色合いが絶妙らしい。

その後エレベーターであがってそこから螺旋階段でひたすら降りるというまさかの受難。
陽菜は階段降りるの恐怖症? なんだよ。
視覚異常があるのか相貌失認もあるんだ。
立体視ができないから下りの階段がすごく怖いんだって。

薄暗い螺旋階段で陽菜ガクガクしてた。
本当にパニック起こさなかったのが奇跡だ。
東京の地下鉄の階段でも辛いのにな。

俺も「大丈夫」「陽菜が螺旋階段に負ける訳ない。俺の嫁をなめんな!」とか言ったけど。
陽菜はよく頑張ったよ。
本当にパニック起こさなかったのが奇跡!

たくさんいい写真もとれたし、バルセロナの風景もサグラダファミリアの先塔の写真もたくさん撮れた。
RPGの螺旋階段ってこんなんだねって話しもした。

螺旋階段降りきった後、一気にきたらしくて足はガクガク、心臓バクバク。震えてたけどね。

それから美味しいご飯を食べて夜のライトアップされたサグラダファミリアをみてホテルに帰ってホテルのバーへ。
陽菜すっごい酔って俺に
「永遠の愛を誓おう?」
「勇馬、夜景が綺麗だよ」
「勇馬、愛してる」
なんて、たくさん言ってくれたよ。

八日目

最後の地、スペインに。
小さい飛行機で揺れまくるから陽菜が怯えてたよ。
「飛行機落ちて死ぬときは憑依して怖い思いも痛い思いもさせないから」
って言ったら安心してくれて。照れて
「女の子でよかった。
飛行機が怖いって言えるし、守ってもらえて」
だって。可愛い。

スペイン着いてからカテドラル、ゴシック街、カタルーニャ広場、王の広場をブラブラ。
スペインも綺麗な町だね。
フランスの華美さはないし、ヴェネツィアのような観光都市ではないけど荘厳で歴史を感じるよ。

ピカソ博物館でピカソの絵を鑑賞。
訳わかんないし笑えてくるけどピカソの複雑なメンタリティが伝わってくるって陽菜が言ってた。
分かるような分からないような…俺にピカソの芸術はわからない(笑)

次にカタルーニャ音楽堂へ。
ものすごく綺麗なステンドグラスがあるんだ。
世界最高峰の舞台で聖戦のイベリア歌ってきました!

俺が一生懸命歌ってるのに、ガイドの人は関係なく話してるし、お客さんは俺の歌をスルーしてその辺の写真撮ってるし…切なかった…。
途中いきなりオルガンが鳴ってビクッと変な反応をしてしまった…格好悪い。
でも、タルパだったおかげで愛しい陽菜に晴れ姿を見せられたからいいか。

そして鳩バスチックな観光バスで市内一周。
港から近代建築、歴史的な建物、植物園に遊園地まで。
バルセロナってなんでもあるんだな。
寒かったみたいだけどすごく楽しそうだった。
ここでもずっと聖戦のイベリア聞いてたよ。
俺も頼まれて「せいっせんのーイベェェェリアー!」って一日に何回も歌った(笑)

ヴェネツィアの船旅ではカラフィナの君が光に変えてゆくのリピート。
スペインでは聖戦のイベリアのリピート。
ダイブするときに使えばヴェネツィアとスペインの町並みを思い出せるはず。

七日目

昨日みんなでワインを飲みまくり寝坊。陽菜だけ早起き。
三時間くらい二人きりでいられた。
幸せだった。

ベランダでブログ更新して、チーズと生ハム食べて、お部屋に戻ってダイブ。

はい、押し倒しちゃいました(笑)
陽菜が照れててめちゃくちゃ可愛かった。
(そんな事書かないでって怒られた…)

ヴェネツィアの最終日。
ブラブラしながら買い物とご飯。
優雅だね。
てゆーかあんたどんだけアクセサリー買うんだよ(笑)
でも勇馬とのデートの時に付けてくから許してと言われたらあきれることもできない。

船でのんびり空港まで。
早めにいってまた空港で三時間くらい暇になった。
はなす時間はたくさんとれたけど、話題が暗い方向に…。
お話ししてるだけで楽しいかも知れないけど、話す環境も大事だよな。
朝と今のテンションの差をみるにそう思う。
陽菜は時間のつぶし方が下手だし、俺と話してるだけでいいって言うけど俺が無理にでも環境をかえるか、他のことをやらせるべきなのかもしれない。

ってことでこれを更新したらゲームするか、せめてBGMをももクロにするよう提案しよう。

そう言えば遠い日本までテレパシーが届いたのか、陽菜がちょっとワインの飲みすぎでクラクラしてるときに「陽菜、大丈夫?」ってメールが来た。
俺のテレパシーすごい(笑)
もうちょっと送れる相手が選べるといいんだけどね…。
カテゴリ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

かうんたー
今まで閲覧してくださったお客様
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

勇馬

Author:勇馬
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR